ブログトップ

日々是手帖

chan3.exblog.jp

生・漬・蒸・煮・揚

e0171249_158024.jpg

透き通ったイカを食すため、呼子へ行ったことは言うまでもありません。
舟盛りのイカさんにカメラを向けると目が合い、しばらくすると下足が真っ赤になってしまいました。怒らせてしまった?!でも確か...イカの視界には盲点がないけれど、本人は何を見ているかという意識がなかったような・・・
筋繊維にそって包丁を入れたお刺身は、ヤリイカ独特のコリコリ感。縦に繊維を断ち切るねっとりとした甲イカ系も大好きですが、この職人さんの包丁さばきはとにかく美しい!呼子の活き造りならではですね〜そして、刺身で食した後はゲソを天婦羅で楽しめます。天婦羅つゆももちろん美味しいのですが、私たちはレモンとお塩の方が気に入りました。サクサク感が失われず、素材の味がダイレクトなところが◎ 美味しかった〜〜〜
他にもイカのもろみ漬け、醤油漬け、いかしゅうまい、イカの煮物・・・
イカ三昧の定食でした!
e0171249_15143521.jpg

e0171249_15145253.jpg

たくさんあるレストランの中から、今回はこの方オススメ「いか道楽」に決めました。最強西国ナビゲーターのchikaさん、これからも頼りにしていまーす♪

ところで今回の呼子。
ちょっとびっくりしたというか笑い話というか・・・

*****

いか道楽にて、オーダー前の会話。
私:「何を注文するの?」
主人:「佐賀牛の定食!」
私:「えーーーーっ!だって、ここは呼子よ。それに佐賀牛の定食なんてあるの?」(思わず素っ頓狂な声を出してしまいました。)
主人:無言でメニューの一番下を指す・・・
私:(確かに肉も食べたいのかも。でも、でも・・・・)
主人:「冗談だよ、冗談。ここ笑うとこ〜♪」

呼子へ来て佐賀牛を食べるなんて(別にここは佐賀ですし、ありなんですけどね)びっくりしますよね。しかも、イカ大好物の主人ですから。真面目な顔でクールに言うジョークには毎回やられっぱなし。
来年の4月1日はお返ししますから!と思うのですが・・・
これがなかなか難しい...
[PR]
by y_chanchan | 2010-10-02 16:00 | | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://chan3.exblog.jp/tb/13333412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chika-papermoon at 2010-10-02 23:56
リンクありがとうございまーす♪
「いか道楽」いかがでしたか!?(ダジャレちっくですね。笑)
ふわふわのゲソの天ぷらを、塩とレモンで……
わーん、思い出しただけでヨダレが出そうです~
私も久しぶりに呼子に行きたくなりました!
「いか道楽」以外でしたら「大和」もお勧めですよー
食べ比べてみるのもいいかもー^^

うふふ、おちゃめなご主人様ですね(笑)
次回は佐賀牛を食べにGo! ですね♪
Commented by yui at 2010-10-03 09:10 x
こんにちは。
イカって鮮度がいいと陶器の上薬みたいな色なんですね。
ちょうど今、こんな色の食器を探してるところです(笑)
にしてもご主人のクールな冗談ってかわいいですね。
想像しつつ、
「確かにクールに言いそうだな。」
なんて思っちゃいました。
Commented by serendipity_j at 2010-10-03 12:09 x
chanchanさま

ご主人のギャグを、
真に受けてしまうところが、ほほえましい!

「かに道楽」でなく、「いか道楽」があるんですね。
イカ尽くし、どのお料理にもよだれがでてしまいそう…。
それにしても、このイカの透明度。驚き、です!
Commented by klan at 2010-10-03 15:14 x
美しい〜♪
chanchanさんが撮るとイカのカーテンもお造りも美しい^^
透明感がなんとも。

で、面白い。
イカの下足、色が変わってしまうんですね。
生きてるのね…?
どうやって食べるのでしょう、下足。
動くの…?

ご主人とのやりとり、うふふ(笑)。
なんかお茶目なご主人ですね。
いつもご主人との関係が素敵だな、と思うのです♪
Commented by y_chanchan at 2010-10-04 09:03
< chikaさん
「いか道楽」美味しかったです♪
そして、最後のゲソ天でお腹いっぱいになりましたー
chikaさんのように、鯵のお造りまではとてもとても...(笑)。
「大和」は次の機会に行ってみます♪
私のガイドブログでもあるchikaさんのブログは、頼もしい存在です!
これからも、西国情報よろしくお願いしまーす。
Commented by y_chanchan at 2010-10-04 09:08
< yuiさん
こんにちは。
イカのお刺身は白濁という概念がくつがえりますよね。
飾り包丁(?)...それがとてもきれいで、箸でイカをとった後まじまじと見つめてしまいました。
鮮度のいいイカ色の食器、みつかるといいですね♪
そうでしょ、クールに言いそうでしょ(笑)。
相棒さんにもお気を付けくださいませ、と。
Commented by y_chanchan at 2010-10-04 09:11
< serendipity_jさん
serendipity_jさま

普段、お肉を懇願されても食卓に上ることはあまりなく・・・
そういうことから佐賀牛もあり得るのかと思ってしまいました。

海を眺めながらの正に「いか道楽」でした♪
透明なイカを食べられるのは、日本だけかもしれませんね。
昔、地中海沿いのレストランでもイカの揚げ物を食べました。
同じく塩とレモンをたっぷり絞って・・・
ほぼ一月お肉ばかりのメニューでしたから、イカと出会った時は主人のように興奮しました(笑)。
Commented by y_chanchan at 2010-10-04 09:18
< klanさん
イカは、ストレスを感じると赤くなるのだとか聞いたことがあります。
悪いと思いつつも私はカシャッカシャッとする...
眼球がぐるっと動いて目が合う、ピクピク動く...
やっぱりストレスですよね、、
お店によっては下足もお刺身として頂くところがあるようですが、こちらはお刺身を食べた後の残った下足を揚げてくださいました。

主人は時々とぼけたことを言うので要注意です。
Commented by paprica at 2010-10-04 10:11 x
うはっ。*ためいき*
こんなに新鮮でつやつやしたイカ。なが〜いこと目にも口にもしていません。右(→)の写真と合わせて、何度も行ったり来たりしてうっとりしました。
きれいに一枚ずつ並べられたイカ。絵になりますね。
Commented by y_chanchan at 2010-10-05 07:25
< papricaさん
世界でイカ消費量ダントツ1位の日本ですから、活き造りという方法を考案したのでしょうねー
でも、地中海のイカフライも大好きです♪
ところで、カナダはイカを食べる習慣ありますか?
目にも口にもしていないということは、おそらくないということですね。
帰省の時は、イカ大根やお刺身などお楽しみ下さ〜い。
そうそう、お好み焼きにイカミンチを(生がない時はスルメや桜えび)入れると美味しいですよね〜
Commented by paprica at 2010-10-07 04:30 x
やっぱり、イカ消費量1位ですか。そうかなーとは思ってましたが、ダントツとは知りませんでした。
カナダ人はイカを食べませんねー。とれないのかな... シーフードのコーナーは、魚の種類も限られてます。(かなしい) たまぁ〜に「たこ」が、端っこの方に積み上げられていたりしますが、こっちの人は食べないのでしょう。一度、喜んで買ってみましたが、タイヤのチューブのように、いつまでかんでも口に残るというタコでした...とほほ。
来年は帰国したいです。そのときには...と、今からリストを作っておきます!
Commented by y_chanchan at 2010-10-07 08:15
< papricaさん
日本人は、イカ・エビ好きですよね。
ともに1位だっとと思いますよ。
確かに、縁日のいか焼きには誰もが反応するほどたまりませんものねー
それはさておき、タイヤチューブのようなタコ!
気の毒だと思いつつ笑ってしまいました。
papricaさん、ナイスな表現です。
すごく伝わりましたよ。
来年帰国したら...生ダコのお刺身などもお召し上がり下さいね。
きっと、カナダのそれとは別物ですよ(笑)
<< カステラ 玄界的カーテン >>