ブログトップ

日々是手帖

chan3.exblog.jp

有田の朝に想う

e0171249_9512393.jpg

お店もオープンしていない朝の有田。そのおかげで、ショーウィンドーをじっくりみることができました(笑)。写真は有田焼のモーニングセットです。
早速、パン・オ・ショコラとカフェ・クレームの朝食を思い描きました。
でも、よく考えてみるとナイフとフォーク。
これは、カリカリッと焼いた薄切りトーストに目玉焼き・焼きトマト・マッシュルーム+ヨーグルトの方がいいのかしら〜

料理を作った後に器を選ぶことが多い私の日常。
器選びを先にして、メニューを考える。
最近ちょっと忘れていた楽しみを思い出すことができました。
[PR]
by y_chanchan | 2010-10-17 10:37 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://chan3.exblog.jp/tb/13436225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuzudiary at 2010-10-17 15:56
ご無沙汰しています、こんにちは。
なんとも言えない色合い、ステキですね☆
シンプルな中にも華がある… さすが有田。
私も出来上がってからお皿を選んでいますぅ。
これにどんなお料理を盛りつけようかしら?!なんて
思わせてくれるお皿や鉢を持っていないのも事実!
まず器選びからお勉強しなくては。
chanchanさんはたくさん器に触れられる環境にいらして羨ましいです♪
Commented by y_chanchan at 2010-10-18 08:03
< yuzuさん
yuzuさん、こんにちは。
有田焼卸売団地などは、たくさんの有田焼が並んでいましたよ。
でも、やっぱりこういう小さなお店を一軒一軒のぞく方が楽しいですね。
私の日常の器使い...数少ない飯碗、汁碗、小鉢、中鉢、中皿の循環形式ですよ。
秋刀魚が一尾収まるようなような器が欲しいな...と思いますが、現実は半分に切って盛り付けています(笑)。
伊万里焼などは、ここへ来て益々いいな〜と感じるようになりました。柿右衛門のやわらかい白や色絵のほんわかしたところが、美しいけれどかわいらしくって好きです。
Commented by serendipity_j at 2010-10-18 11:21 x
chanchanさま

ご無沙汰しているあいだに、小旅行のレポートが…
有田旅行? いいですねえ。

ああ、この感じ、好きです! なかなかモダン。
温かみのある「陶器」に憧れながらも、
やっぱりわが家には似合わなくて、磁器ばかりです。
というわけで、買うなら、清水より伊万里(安物の)!

じつは、母の実家は「粟田焼き」の窯元でした。
京都東山三条の街中で焼いていたんですよ、信じられない。
粟田焼きは、商売上手な「清水焼き」に市場を奪われて、
あえなく、消滅してしまったのだそう(笑&涙)。

話は戻って、器やお皿で、お料理のイメージも変わり、
だからこそ、楽しいってことですね!

Commented by y_chanchan at 2010-10-19 17:22
< serendipity_jさん
serendipity_jさま

有田旅行というか、有田散歩といった方が正しいですね(笑)。
有田駅近くの古い町並みをただだた歩くだけでしたが、写欲をそそられました。
モダンな焼き物...有田もまた変遷しているのかもしれませんね。

「粟田焼き」...勉強不足の私、初めて知りました。
そうなんですか、消滅してしまったのですね。
どういう焼き物であったのか、興味があります。

器もファッションと同じですね。
時には衣装に助けられることもあり・・・(なんて、笑)。
<< 風車パワー 有田の美に酔いしれた王侯 >>