ブログトップ

日々是手帖

chan3.exblog.jp

カテゴリ:ひとりごと( 35 )

コーヒーとマドレーヌ

e0171249_10551932.jpg

マドレーヌなら紅茶な気分の多い私ですが、この日はコーヒー。
我が家はいつも手動ミルを使っているので、電動ミルのような粒度の安定性はありません。でも、豆を挽く感触と香りを楽しむことができるので今日もやっぱり手動でゴリゴリ。

ところで、私のコーヒーデビューは8年前。それ以前はいつでもどこでも紅茶オンナ。それがある日突然コーヒーに目覚め珈琲オンナにもなってしまうとは我ながら驚愕です(笑)。苦味においしさを感じることは味覚の中では最後らしいので、大人になったということでしょうか。ふふ、人生甘くはないのよ〜ってね(笑)。

さて、明日は土曜日。ゆっくりと時間を掛けて朝食を頂きます♪
もちろん、コーヒーは適正温度で丁寧に心を込めて抽出。
ボン・ウィケンド!
[PR]
by y_chanchan | 2012-09-07 19:20 | ひとりごと | Trackback | Comments(6)

コンヴェルサスィオン?!

e0171249_838199.jpg

フランス菓子に“コンヴェルサスィオン(会話)”というお菓子がありますが、このスコーンにもピッタリなのでは...?!
[PR]
by y_chanchan | 2012-07-10 08:58 | ひとりごと | Trackback | Comments(4)

東の雨と西の雨

e0171249_9134099.jpg

こちら福岡は今日も雨です。
梅雨ですから当然ですが、東と西では雨の種類が違います。
小雨がシトシト降り続く東、ザーザーと降る西。
九州の雨はとにかく激しいのです!
傘も壊れちゃいますから。
EuroSCHRMやSENZなら大丈夫なのでしょうか。
お気に入りの傘が怖くて使えないこの頃です(苦笑)。

そうそう。
雨の日に過ぎ去りし季節に想いを馳せて・・・
ということで、5月のバラでした。
ジュリア、大好きなバラです。
渋いカフェオレ色にフリフリの花びらが本当に素敵!
朝露が残っていたりすると、更に艶っぽいのでしょうね。
日本には雨にまつわる美しい言葉がたくさんあります。
若葉雨、甘雨、涼雨、育花雨、瑞雨・・・
雨は悪いものと思われがちですが、雨の恵みに感謝することを忘れてはいけませんよね。って、そろそろ真っ青な空が恋しくなっていますけどー(笑)。送り梅雨を待ちつつ、雨を愛で愉しい日々を過ごしていこうと思っています♪

外出時は濡れた路面にご注意くださいませ。
[PR]
by y_chanchan | 2012-07-03 11:01 | ひとりごと | Trackback | Comments(6)

5月のバラ

e0171249_17402133.jpg

ほんの一月前は、さわやかな風とバラの季節でした。
もうすぐ7月。夏がやって来ますね。
それなのに、今日の水筒の中身は桜の緑茶。
春に残ったものを消費しているので...汗。
ちなみに、ゴハンはきちんと旬のものです(笑)。
美味しい晩ご飯をお召し上がり下さいね♪
[PR]
by y_chanchan | 2012-06-27 18:36 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)

夢の中

e0171249_18103523.jpg

あちらこちらでバラが咲き乱れているからでしょうか...!?
ワタクシの本日の夢はバラでした。といっても、バラ尽くしのアフタヌーンティーで食べる方でしたケド(笑)。
[PR]
by y_chanchan | 2012-05-15 18:20 | ひとりごと | Trackback | Comments(6)

夜の空と音楽

e0171249_22153368.jpg

青い夜空を見上げると、いつも頭の中に流れる音楽があります。
ブラームスの『あなたの青い瞳』というリートなのですが、ひとりきりで月を眺めながら聴くと身に沁みます。ちなみに星がきらきら輝く夜空の下ではラヴェルの『古風なメヌエット』。どちらも夜にまつわる音楽ではありませんが、なぜかこのふたつの作品=夜なのです。不思議ですね(笑)。

珍しく夜の更新ということで、こういうひとりごとになりました。
そろそろ就寝します。おやすみなさいませ。
[PR]
by y_chanchan | 2012-04-21 22:46 | ひとりごと | Trackback | Comments(4)

不滅のオーブンシート

e0171249_15123877.jpg

ピントがあやしい写真ですけど...汗。
こうやって眺めていると何だかスクリームを連想しちゃう(笑)。
ケトリングしてふかふかとなるお姿もかわいいのですが、発酵中の白いお肌はやっぱり愛おしい。

近頃はマトファーの何度も洗って使えるオーブンシートをベーグル大にカットして使用しています。同じくマトファーのシルパンも愛用していますが、生地に触れることなくお鍋に入れられることもあり発酵~ケトリングまではシート派。焼成時はやっぱりシルパンが美味しく焼き上がりますから差し替えますけどね。使い捨てのオーブンシートはゴミになりますし、毎回カットするのが煩わしい。でも、このエコなオーブンシートに出会って悩み解決。 うふふ、我が家のお菓子の型に合わせていくつもカット致しましたの。普段はバターを塗って粉を叩いて・・・という下準備をしていますが、果物を使ったお菓子などは水分が多いので型離れが心配ですよね。そういう時に登場するのがこのシート。定規、鉛筆、はさみを取り出し敷紙を作る手間が省けてうれしい♪って無精者みたいですね、笑。
でも、地球にもやさしいことですから。
[PR]
by y_chanchan | 2012-01-14 15:35 | ひとりごと | Trackback | Comments(7)

small talk

e0171249_1322628.jpg

ふと気が付くと、先月の中旬から全くカメラを触っていませんでした。毎日お料理はしているし、ドライブやお出掛けなどあったというのに・・・

先日は家族のお誕生日に張り切って巻物にも挑戦しました。人生3度目のロールケーキなのですけれど、これが想像以上の難しさ。もっ、ロールケーキなんてイヤーッ!と叫びそうになりましたが、何が起こっても巻き続けました。←クリーム流出事故発生、大汗。
生地はふわっふわに膨らみました。でも、分厚すぎるという...汗。
平らな天板がなく、代用としてラバーゼの角バットを使用しましたが、どうやら流し込んだ分量が多すぎたらしく、まるで伊達巻きのようなしっかりと太い完成品となりました(苦笑)。濃い焼き目側を表にしたことが余計に...笑。中のクリームはクレーム・シャンティとりんごのキャラメル煮。甘くて苦いキャラメルとりんごの酸味、そしてミルキーで滑らかなクレーム・シャンティ。大好きな組み合わせです。「大人デザートの味がするね」と言われましたが、リキュールは入っていません。甘みと苦味のバランスがそう感じさせるのかもしれませんね。お砂糖を焦がしバターを入れて生クリームを加える。シンプルな工程ですが焦がし具合で味が変化します。ぼんやりしていると焦げ焦げになり炭化してしまいますが、きつね色で香りのよい一瞬を見逃さずにカラメル化を完遂したら、甘くて苦いあのキャラメルになります。味のコントラストが良いですよね〜♡それにしても、最初に砂糖を焦がしてキャラメルを作ったひとって偉大だわ。

と、長々とロールケーキとキャラメルについて書いておりますが、写真は全く関係のない仔羊です。先月最後に撮った写真がこの仔羊のメダリオン。円形状いう点では共通するのかしら、笑。熊本の某イタリアンで頂いたものです。お友達夫妻とずっと話し続けたランチタイム。このラムちゃん、本当に美味しかったなぁ。焼き具合が絶妙でした♡

ところで、久しぶりの熊本トリップでしたが街がすっかり変わっていて驚きました。小さな路地に気になるお店がたくさん!フランスのカンペール焼き専門店までありましたよ。←地方のお菓子ギャレットブルトンヌ、クイニアマン、カヌレなども売られていました。
その日の熊本市内は本当に寒く(氷点下)朝から水前寺公園をお散歩しているひとなんてほとんど見当たらず、人気がないことをいいことにカメラ小僧になっていましたっけ!?鳥さんがたくさんいたので動く被写体の練習!とサーボ機能などを使ってみましたけれど...全くダメでした。いつになったら上達するのでしょうかねー苦笑。

さてさて、今週こそはお料理写真でも撮りますか♪
まず、リネンにアイロンを掛けなくちゃね。
e0171249_14303086.jpg
e0171249_1431218.jpg

[PR]
by y_chanchan | 2012-01-13 15:58 | ひとりごと | Trackback | Comments(6)

切り込みはなぜ十文字なのか

あの、小さな疑問なのですけれど。
湯剥きの工程として、十文字に浅く切り込みを入れて・・・
なんてありますよね。
それはどうして十文字なのでしょうか?
ワタクシ...実はいつも一文字。
切り込み時間も皮剥き時間も十文字より短く楽チンなのでは?!
と思っていますが、やはり邪道なのでしょうか...

@プチトマトのマリネ、いつも通りの一文字湯剥きです。

e0171249_1238594.jpg

[PR]
by y_chanchan | 2011-12-01 11:16 | ひとりごと | Trackback | Comments(6)

追熟考察

e0171249_1344751.jpg

予想はしておりましたが・・・
トロトロ柿の支持率は相当低いという事実に少し凹みました。
まあ、好みですものね。
主人と一緒に、心行くまで愉しみます♪
この感動を共有できるひとが近くにいて良かった〜(笑)。

ところで、追熟することにより甘みと柔らかさが増加する西洋梨。
傷む直前が最高に美味しいと言われていますが、果肉がトロンとするまで毎日眺めている私はひょっとして少数派?!ちょっと硬めの西洋梨が一番人気なのかしら?!そもそも和梨の方が圧倒的人気ですし・・・
[PR]
by y_chanchan | 2011-10-27 14:09 | ひとりごと | Trackback | Comments(12)