ブログトップ

日々是手帖

chan3.exblog.jp

片手にコイン、片手にフライパン

e0171249_15303279.jpg

本日2月2日は“la Chandeleur”という日で、フランスではクレープを頂きます。公現祭のギャレット・デ・ロワはすっかり有名になりましたが、ラ・シャンドゥルールはあまり知られていないような?!今年は写真に収めクレープを広めよう♪とちょっと意気込んでいる私です。去年も一昨年もクレープをあっという間に平らげて終わってしまいましたから。片手にフライパンを持ち、もう片方の手でコインを握る。その状態で上手にクレープを裏返すことができたら幸せが訪れるという言い伝えがあります。興味のある方は占ってみてくださいね。
e0171249_1534228.jpg
シンプルにお砂糖をふりふりしたクレープ。これが実に美味しいのです♡私はそれにバターとレモンも♪小鳥さんはレモン絞りです。

そうそう、冒頭のクレープ写真。バターがみるみるうちに溶けてしまいがっかり(苦笑)。バターが溶けてゆくあの瞬間を狙っていたのだけれど。
by y_chanchan | 2013-02-02 16:33 | 季節 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://chan3.exblog.jp/tb/19725801
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mina-0725 at 2013-02-02 18:17
クレープ、美味しそうですね♡食べたい!
充分、美味しいクレープが伝わってきますよ〜
今日は、気持ちのいい一日でしたね!また寒くなるのでしょうけど…春はもうすぐですね☆
小鳥さんのレモン搾り、可愛いです♡見るたび、ほのぼのしそうです。
Commented by kei-kana38 at 2013-02-02 20:38
知りませんでした、ラ・シャンドゥルール。
それにしても美味しそうなクレープ!!
クレープはシンプルに食べるのがいいですね。
小鳥さんのレモン絞りがかわいい!!
クレープやパンケーキのバターが溶けていく瞬間て撮りたくても撮れないものですね~。
Commented by paprica at 2013-02-03 02:44 x
わぁ。。。この程よい焦げ色が。。。
めっちゃおいしそーーー!!! 
バターの香りもここまで届いてきますよっ。クレープを焼く日、なるものがあるなんて初耳です。
小鳥さんのレモン絞り、さすがChanchanさん♪ こんなに可愛いアイテム、どこで見つけたのー?
Commented by y_chanchan at 2013-02-03 16:04
< mina-0725さん
クレープ...お玉から生地を流し、もう片方の手でお鍋を回すだけで簡単に丸くなるというところがいいですよね。
気軽にできて美味しいし♪
昨日も今日も暖かい一日で春のようです。
でも、こういうお天気の週末に限って家の中なんですよ(笑)。
レモン絞り...昔からのお気に入りです♡
Commented by y_chanchan at 2013-02-03 16:06
< kei-kana38さん
原宿のあのクレープよりもシンプルなクレープに惹かれます。
うふふ、パンケーキと一緒ですね。
レモン絞り、意外とどこにでも売られているモノなんですが
ずーっとお気に入りで大切にしています。
あの溶けていく瞬間をいつか...と思っています。
そもそも、焼いたクレープを器に移さず
鉄パンの上でバターを落としたことが敗因かと。
Commented by y_chanchan at 2013-02-03 16:09
< papricaさん
新京極などのクレープ屋さんも良いけれど
家で作るクレープも素朴で美味しい!と思います。
そそ、ちょっと焦げた感じが好きです♪
知名度低いのですが、クレープを焼いて食べる日があります。
お好み焼きの日とかあると楽しそうですけどねー
小鳥さん、こちらでは雑貨屋さんなどにありますよ。
実は私、鳥モノに目がなくて...(笑)。
お友達からもよくプレゼントされます。
Commented by kodemari_e at 2013-02-03 20:48
こんばんは♪
本当においしそうな焼き色で うっとりです♡
お砂糖とバターとレモンって 想像するだけでおいしそう。

私 学生の時にクレープ焼くアルバイトしたことがあるんですけれど
棒をくるっと回して生地を広げるの。。。これとは別物ですね(笑)
昔 小さいころに 北野の異人館倶楽部にアンリシャルパンティエがあって
そこで初めてクレープというのを食べました。
今日テレビの番組で知ったのですけれど アンリシャルパンティエって クレープを
考案したフランスの方の名前なんですって。
見かけるたびに ル・クルーゼのクレープパン 欲しいなぁって 思うのですけれど
こんなおいしそうに焼くのは 道具じゃなくって腕ですね。

Commented by y_chanchan at 2013-02-04 08:07
< kodemari_eさん
こんばんは〜♪
本当に素朴なのですが、美味しいですよ。
ただし、素材は贅沢に!です(笑)。

おぉ、トンボを使ってクレープをお焼きになるとは!
スゴイですねー憧れます♡私がトンボを使うと、うまく広がらずに穴まで作っちゃいそうです。
パレットナイフも使いクルクルッと巻いてゆく職人芸
あれ、思わず立ち止まってしまいますよね。
そうそう、アンリシャルパンティエは確か・・・
クレープ・シュゼットを案出したのですよね。
クレープパン、いいですね〜
私は釜定のオイルパンなので、小さめのクレープになります。
いつか、大きな鉄板で焼いてみたいです♪
Commented by serendipity_j at 2013-02-10 13:50
chanchanさま

クレープ。
chanchanさんのクレープのように、
こんがりと美味しそうに、とてもプロっぽくは焼けませんが、
作るのも食べるのも大~好き。
初めてのパリで、「お砂糖」入りを注文したことを思い出します。
(ドキドキして、あれこれ注文できなかったから…苦笑)
フランスでは、2月2日が、クレープの日なんですねえ。
ところで、今週の火曜日は、英国ではパンケーキの日です。
「懺悔の火曜日」です。
今年はモロッコで食べたパンケーキに挑戦(の予定)!


Commented by y_chanchan at 2013-02-10 15:50
< serendipity_jさん

私はクレープと言えばserendipity_jさんを思い出します。
よくお焼きになっていますものね。
もちろん、お好きなこと存じ上げております。
“クレープの日”...昔、お友達の仏人に教えてもらいました。
モンパルナスにあるクレープリーのギャレット、通りの屋台のクレープ、お友達が焼いてくれたクレープ・・・フランスのクレープは全て美味しくって本当に感激しました。
ときに火曜日は、あのパンケーキの日なのですね!
モロッコでお召し上がりになったパンケーキ、ものすごく気になります。リポート、よろしくお願いします!
火曜日?水曜日?とにかく次の更新が楽しみで仕方ありません♪
<< 油山 休日のプティ・デジュネ #3 >>